12928368_827219577384692_137226948568560148_n

先日、レッスンチュチュの素材、「チュール」についてご紹介したので、

今日は、パンツとバスク(ウエスト~ヒップ)部分に使われている素材

「2wayトリコット」についてお話ししたいと思います。

レッスンチュチュに限らず、衣裳でも使うことがあります。

 

2wayとは、縦横どちらにも伸びるという意味で、実際は縦横斜め

自由自在にとてもよく伸びる素材です。

レオタード生地に使われることも多いので、イメージしやすいと思います。

こちらもいくつかのお店を使い分けていますが、

だいたい同じところです。こんなに多色あるように見えますが、

意外とチュールと合わせたり、ボディのシャンタンと合わせると

なかなかピッタリと合う色がない場合もあります。

 

通常、チュチュなど女性用のパンツ部分以外には、

よく男性衣裳のロングパンツでも使います。

海賊など、ジョーゼットで作られている衣裳も多いですが、

オーダーで依頼がある場合は、やはり「踊りやすさ」「耐久性」どちらにおいても

やはりストレッチ素材のほうがよいようです。

舞台上の発色もきれいです。

上に合わせる素材によっては、生地を裏使いすることもあります。

 

この「2wayトリコット」意外と肌ざわりもよく、普通の服のカットソーなんかにも

使えるなあと、実は思っています。汗をかいても、それほどべたつかず

ストレッチなので、体にもほどよくフィットして・・・。

 

衣裳だけにとどまらず、創造力をかきたててくれる魅力的な素材のひとつです。